税務会計 フォアユー パートナーズ Do-ing

メールマガジンのご案内

自然に身につく<英会話スクールで教えない>会計・税務・法律 英語術

英語の知識が必須の時代になってきました。とりわけビジネスの場での英語の必要度は高まる一方です。

しかし旅行などの英語と違ってビジネスの英語はその核である会計・税務・法律の英語知識がなければ実際の役には立たない場合が多いようです。

逆にこれらの専門用語を会話などの表現で使いこなせれば、あなたを見る目は変わります。usefulなメルマガを目指します。

木村 栄昌(きむら えいすけ)

『自然に身につく<英会話スクールで教えない>会計・税務・法律 英語術』
完結しました。

サンプル誌

自然に身につく<英会話スクールで教えない>会計・税務・法律 英語術
カテゴリー:法律
Trust(信託)
  (Key words) settler:設定者
        trustee:受託者
        beneficiaries:受益者
        fiduciary relationship:信認関係


<背景の説明>
トラストは日本語では信託と訳され信託法、信託業法で規制されています。
これらの法律は戦前に制定されました。
大陸法を継受した我が国では信託も今までは政府の免許を受けた金融機関
だけが扱えました。

しかし信託が生まれた英米ではもっと身近な存在です。
最近では信託業法の改正について一連の法改正が予定され、資本金5000万円
で信託会社の設立も可能になりました。
代理店制度も設けられました。


<基本文例>
A trust is fiduciary relationship wherein trustee holds legal title
to property for benefit of beneficiaries.

トラストは、受託者が信託財産の権原を有して受益者に利益を享受させる
信認関係である。


<応用の例>
<  >の部分は使えます。
九九を覚えるように頭に入れてしまいましょう。

Trustor or settler is < the person who creates> the trust.

Trustee <manages trust property and distributes> income to
beneficiaries.

Beneficiary <must be identifiable> at time of creation of trust.

Fiduciary <duties owed by> trustee to beneficiaries.



カテゴリー:会計
Accounting principle(会計原則)
  (Key words)Generally accepted accounting principles:会計原則
        recognition and measurement:認識と測定
        income determination:収益計上基準
        error correction:損益修正


<背景の説明>
会計はきわめてシステマチックな構造をしています。
マルクスやニーチェなどが最大の発見といった複式簿記を基礎にしています。
これは分類と集計の道具ですが、一方では言語の機能をもっています。
分類・集計の論理が一つの言語でもあるのです。

この言語の文法にあたるものが「会計原則」です。
世界で統一化されつつあります。


<基本文例>
Financial reporting includes not only financial statements but also
other means of communicating information that relates,directly or
indirectly, to the information provided by a business enterprise's
accounting system.

財務会計情報はその会社の財務諸表だけでなく、その企業体の会計システム
から読み取れる他の直接・間接の関連情報も含む。


<応用の例>
九九のために。
ビジネスの現場では九九のように言い回しが浮かばないと話が続きません。

It has been the result of <a problem by problem> approach.

The primary <objective of accounting is to> measure income.

Revenues,expenses,gains,and losses <are used to> compute earnings.

Cash basis accounting, <in contrast to> accrual basis accounting,
recognizes <income when cash is received> and <expenses when cash
is disbursed.>


**************************************
自然に身につく<英会話スクールで教えない>会計・税務・法律 英語術

発行者 フォアユーインターナショナル有限会社
関連URL:http://www.fyi-ta.com/

このメールマガジンは「まぐまぐプレミアム」を利用して配信されています。
バックナンバー購入・購読解除はこちらから:
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/37/P0003775.html

※本誌掲載内容の無断転載を固く禁じます。