税務会計フォアユーパートナーズ - For you partners -

ハートが響く相手に、ハートが響くチームで、
ハードなサービスを… 
(税理士登録・**634)
(米国公認会計士登録・WA22***)

Tfy株式会社 - Try for you -

貸倉庫等複合施設直営16

資産運営コンサルティング
財務改革から強い会社づくり

(法人番号 3-1209-0103-0923)
FOR YOU INTERNATIONAL INC. ® Since 1974

数字が語る事業の潮時、変わり時 AI・RPAの先にあるもの

第36回 Q:在庫勘定に関してポイントを教えてください

2020年9月29日

A:在庫勘定とは業種によって科目が更に分かれます。在庫の不要な事業の場合、封筒や便せん程度しか在庫がありません。会計事務所などが該当します。勘定科目としては貯蔵品勘定を使用します。概ね少額のため説明は省略します。

 

卸売りや販売業の場合は商品勘定を使用します。そして一番複雑なのは製造業です。

 

 製造のための原材料から始まり、製造工程で仕掛品、半製品、そして製品になるまでの4種もの勘定科目があります。

 

 ポイントは棚卸をしっかりされておられるか、につきます。口で言うことは簡単ですが、しっかり棚卸をすることは準備と判断が必要です。といいますのは以下の大きな分岐点がありますのでここで方針を決めることが必要です。

 

1、材料や商品を大量に購入すればするだけ単価は安くなり、連動して引取運賃、購入手数料なども割安になります。

 

2、逆に、大量に購入すれば倉庫費用、管理の手間、保険料が派生してコスト高になるだけでなく陳腐化による評価落や減耗損の発生率が高まります。

 

 損益面では1を進めることが製造業では原価を抑えることができて有利ですが、2の面でコストが増えかねません。卸や販売業では1の有利さより2の管理費の負担がかかることで仕入単価の有利さが消される面があります。

 

 実際問題として製造業において部品一つが不足したために工程が進まず、急な発注をかけることを度々目にしてきました。後から倉庫を調べたらチャントその部品はストックされていたことも判明しました。結局、整頓が良くないために二重発注になりがちです。

 

チェックポイント

日次在庫を把握するシステムが導入されているか

□倉庫に目視できる表示があり現物が確認できるか

□在庫の計数を把握する担当者(責任者)が定まっているか

□製造業では、特注(都度)購入グループ、定期発注グループ、定量発注グループに分けて管理されているか

 

 事業所ごとに現場で最適の在庫管理が確立するまでは結構な時間がかかります。少なくとも上記の区分ができていることが大事です。

 

<次回予告>

 在庫の金額が入らない月次決算書はキャッシュフロー分析にしか使えません。負担する法人税や所得税の予測もできない点に触れます。

第37回 Q:月末在庫の金額が不明な月次決算書がなぜ役に立たないのですか

2020年9月30日

A:月末在庫金額が不明である決算書は、期首の在庫金額のまま進んでゆきます。

どういうことかを例で説明しますね。

 

A薬局 年度開始 6月1日 6月末に月次決算をしようとしています。夏が近づき防虫スプレーや蚊取線香、風邪薬などを6月には大量に仕入れました。夏が終わる9月末までの商品を一気に購入したのです。ですから6月の売上高より仕入れの額の方が多くなりました。

 

 期首(6/1)在庫額 100

 X月、6月末在庫額・・不明のため 100のまま

 期首から6月末までの 売上高 1000

 期首から6月末までの 仕入高 1600

 

 上記の例で売上原価と粗利益額を計算します。しかし6月末には在庫調べができていませんから6月末の棚卸高は不明です。もし分かれば期首在庫よりかなり多くなるはずですが、分かりません。仕方なく期首と同じ100を使用せざるを得ません。

 

 売上原価=期首在庫+当月仕入高-月末在庫高ですから100+1600-100=1600になります。

粗利益=売上高ー売上原価ですから1000-1600=△600 (△はマイナスの意味です)1600で仕入れたものを1000で売っていることになります。

 

 仕入れた金額を下回る販売額などあり得ません。粗利益でマイナスですから、その先の販売費一般管理費(仮に300とします)を指し引けば△900の大赤字です。正しい損益は計上できません。それゆえ損益計算を基礎にする法人税や所得税の予測にも使えません。この月次決算書は使えないのです。 

 

 かろうじて消費税の負担額を算定する時には使えます。すべて課税売上、課税仕入としますと、1000-1600-300=900の10%が還付される消費税と予測することは可能です。消費税は在庫の数字は関係しませんから。

 

 また売上、仕入れ、販売費一般管理費の現金での入金、出金や売掛金、買掛金の出入りは貸借対照表の現預金、売掛金、買掛金勘定に反映しますからそれらの科目でのキャッシュフロー計算の半分だけは可能です。しかし在庫数字が不明ですからキャッシュの増減の分析・把握はできません。

 

以上でご理解いただけたかと思います。

 

<次回予告>

事業の生命力を見たり、見切り時を考えるために、固定資産や投資勘定の中味に入ります。

第38回 Q:固定資産のチェックポイントを教えてください

2020年10月1日

A:まず次のチェックリストをしてみてください。

 

□・固定資産台帳と実際の配置の一致を確認しましたか

□・実際の固定資産の配置をみて稼働していないものがその中にありませんか

□・機械などの定期的な手入れや検査受けなどはもれなくできていましたか

□・現場にある固定資産が、固定資産台帳に上がっていない場合がありましたか(リースされた資産は除きます)

□・旧式のものでメーカーから部品も供給されないモノがどれだけありましたか

□・ソフトウエア勘定の中に現在不稼働のアプリケ―ションが残っていませんか

 

□・固定比率は100以下でしたか

固定比率は 固定資産/純資産 で求めます。資産マイナス負債で示される事業の心臓にあたる純資産へ、べったり寄りかかっている状態が固定比率100超です。この数値が高いのは「資本の固定化」が進みすぎ、資金の余裕がない兆候です。

 

 固定比率が100を上回っている場合、有形固定資産の過剰投資や投資のし過ぎが考えられます。

そのため次のチェックに進みましょう。

 

□・投資勘定をチェックしてゴルフ会員権、保険積立金、投資有価証券、出資金の中に義理や付き合いで購入したものがありませんか

□・投資有価証券の時価を調べましょう。非上場会社などで時価がつかないものは決算書を税理士に見せ価値の有無を判断しましたか

□・その投資で配当が得られていますか。利益に結び付いていますか

□・不要な投資がないでしょうか。処分したら幾らになりますか

□・生命保険積立金の保障額、損害保険積立金の保障額をチェックし身の丈以上の契約になっていませんか

 

(説 明)

 固定資産の最たるものは不動産です。コロナ以降、在宅での仕事が我が国でも広がってきました。米国ではリモートワークを恒久化すると宣言する大手企業も次々に出てきました。元々個人主義の土壌で、終身雇用が主流であった我国とは違うものの、今後も不動産を所有すること自体も見直しの流れになる反面、サイバーセキュリティ対策に資金をかけるか否かで事業の運命が決まってくる時代です。

 

「地持ち、家持ち」が裕福さの証明であった時代が変わろうとしているように思います。まして事業の生命力が尽きていないかのチェックですから有形固定資産の見直しは重要です。

 関連して資金運用の集中と真逆の、分散した散漫な投資になっていないかにも注意しましょう。

 

<次回予告>

 月も代わりましたのでこれまでのまとめをしてみます。そこには先行きの予測も入れさせていただきました

第39回 まとめとキーワード

2020年10月2日

 これまで細かい点も含めて書いてきました。

まとめですからキーワードを挙げさせていただき、もう少し掘り下げたい場合は、遡ってその号をご覧ください。

 

 

経理軽視は集中の対象が見えなくなる。要するに運が悪くなる。

 

身の丈以上の銀行借入金が命取りになる。

 

見えすいたマーケテイングがどんどん増える、騙されやすくなる。

 

事業を客観的に見て解体新書を作れるくらいが取り残されない最低線。

 

良い人材が確保できないのは経営者のせいです。人を粗末にすれば反動が必ず来る。人を大事にすれば運が開ける。

 

株式に注意。オットその前に株価評価が必須です。

 

これからは不良債権(売掛金)が急増の時代に。(トランプゲームのババ)を引かないように。

 

最低賃金アップがもたらす窮乏化加速。

 

 今後はバラマキ行政はなくなる。銀行再編で貸出しは引き締められ、行き過ぎた金融緩和からリバーサルレートが起きるため銀行融資は選別強化になり中小企業は苦境に。

 

貸出金利1%未満が全貸出の70%は破裂寸前、いつまでも低金利は続かない。

 

独自技術がなくなれば立場なし。

 要するにマスメディアなどが描く「世の中」に自分を合わせると自分がしていることが見えなくなるように、自分の事業の持って行き方も同じで、同調圧力に引きずられて独自さを失えば結局、世間からは「その他大勢」の中に入れられ沈んでゆくしかありません。

 

 

 これまでお読みいただきありがとうございました。

情報整理と準備のためお休みさせていただき、おおよそ半月後に始めたいと思います。

 

 事業の廃業は相続とも関連します。相続と関連しない事業の廃業は組織再編ですが、このこともやがて相続と関連します。

 

このあたりが次のシリーズの焦点です。ではでは。

« 前のページ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次のページ »